2016年10月03日

京の水

永源寺にキャンプに来たついでに

「京の水」を汲みに行った

本当は、夕食のBBQの前に汲みに行きたかったが、
すぐ暗くなる山道なので、初めて行くなら危ないよと言われ

次の日の、昼前に行った

「湧水のブログ」を見て調べると
旧道に車が連なって、水汲みの順番を待っていて
どの人も、すごい量のポリタンクを積んで居て
何十分か待たされる・・・など書いてある

行ってみると・・・

CIMG8157.JPG

車が並んでいる・・・
しかも、初心者の私は旧道を逆方向から侵入してしまった

(私のスマホは充電不足、旦那のカメラを借りなおしたが故障していて、最後に借りたお姉ちゃんのカメラで撮ったので、もう面倒なため、遠目からのアングル・・・)

3台並んでいる車の後ろに、4リットルのペットボトルを抱えて並ぶ

ここに着くまでは、並ぶ湧水なんて嫌やわ〜とか思っていたんだけど
いつも寂しく「どんな人が汲みに来るのかな〜?」
「おいしいのかな〜?」
「最近は誰もこの水は飲まない様にしているとかないかな?」
と一人で悶々と考えながらの水汲みが多いので、私は待ち時間が楽しかった。

ひとつ前の、順番のおじさんとお話ししたりした

「一本だけやったら、先に入れてあげるわ〜」と言って
私の水を汲んでくれた

なんか、嬉しかった

CIMG8158.JPG

この辺にはいくつか湧水もあるらしいけど、ここが一番おいしいとのこと

塩ビの太いパイプから勢いよく、水が湧いているが
みなさん、手ぬぐいなどで塩ビの口を覆って、ろ過するようにして採水されていた
それと、長靴姿だった・・・だって、すごい勢いの水なので、
汲んでもらえなかったら私の靴はドボドボになっているところだった

なるほど〜

いろんな、水場があるんもんやと感心しました

お水の味は、もう少し冷たさが欲しかったけど、とてもまろやかな味に感じた


帰り道、もと廃校の道の駅があった
そこで、コロナを物凄くかわいがってくれた人がいた

その人は、以前に16歳になるコーギーを亡くしてしまったらしい
おでことおでこをくっ付けて、少し臭目のコロナを撫でまわしてくれた・・・
コロナは別れ際、その人について行こうとしていた・・・

うちの家族では、ふか〜い愛情を感じないんかな〜

感じてない・・・かな〜



posted by とんかち at 22:20| Comment(0) | 湧水・名水関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: